寿司はマグロが一番

・日本のごちそう

日本のごちそうと言えば、やっぱり寿司ですよね。
その認知度は世界中に広まっており、日本の伝統食でもあります。

この寿司は、それなりの物を食べようと思ったら値段が高く付くのがネックと言えばネックですね。
値段分の価値があるのはわかっているのですが、それでも月に何度も通えるものではありません。

しかし、日本には回転寿司というのもあります。
一皿百円から食べることができますし、しかも年々クオリティが上がっている!気がします。
ここならマグロだろうがあわびだろうが食べまくっても懐が痛むことはありません!

・・・いや、正確には量が過ぎると痛みます。
それでも、寿司を思う存分食べることのできる回転寿司は貴重な存在です。

寿司以外にいろいろなものを注文できるのも楽しい。
これからも長く続いて欲しいですね。

天然本マグロ&大トロを通販で買うならこちら

・回らない寿司に行ってみた

回転寿司好きな私ですが、先日は5年ぶりくらいに回らない、しかもお高めの寿司屋に行ってきました。
世話になっている方が奢ってくれたのです。

久しぶりすぎて何だか緊張してしまいましたが、美味!美味!美味!
マグロなどネタの鮮度を見ても、やはり回転寿司とはレベルが違いますね。

遠慮しなくていいと言われたので、お言葉に甘えてネタの半分はマグロをご馳走になってしまいました。
普段世話になっている人にさらに世話になってもいいものなのかと思いましたが、眼前の誘惑には勝てませんでした。

このお礼はいずれ必ず!
その時はマグロをご馳走させていただきたいと思います。

・回転寿司にも行ってきた

回らないお寿司をご馳走になってから、1週間間にはまたマグロを求めて回転寿司に行きました。
当たり前ですが、ご馳走になった店よりもランクは落ちる。

しかしこの値段でマグロの握りを食べれることには、やはり感謝をしなくてはいけません。
どちらが良いというわけではなく、どちらにも長所はあるのです。
これからも日本の文化でもある寿司を伝えていってほしいと願います。