審査について

どのような業者からお金を借りるにせよ、審査を受けなければなりません。
なぜ審査があるのかといえば、お金を貸す側からすると、お金が戻ってこなければ損失となってしまいます。
利益を上げられないだけではなく、そのまま損失となってしまいますので、経済力を審査する事でどれだけの「返済能力」があるのかを判断しているとも言えます。

年収の違いによって、どれだけのお金を支払う事が出来るのかが変わってきます。
そのため、当たり前の話ではありますが、収入が高い人の方が審査に通りやすいものです。
もちろん収入だけではありません。

仕事の種類によってもいろいろな事情が異なってきます。
フリーランスや個人事業主の場合、収入が良くとも安定性がありません。
その点、公務員のように倒産という概念が無い職業の人の方が、多少収入が低くとも審査は良いものになるのです。

お金を借りるという事は、お金を貸す側もいるという事です。
お金を借りる際、どうしても自分本位で「これくらい貸して欲しい」「もっと貸して欲しい」といった思いを抱いてしまうものではありますが、お金を貸す側もいるのです。

その点もしっかりと考慮しておかなければならないのです。
逆の立場で考えた時、自分にお金を貸して欲しいと誰かが告げてきたらやはりそのような点を考慮するはずです。

ですから審査されるのは当たり前の話なのです。
そして審査の厳しさは金利に比例している部分もありますので、審査が厳しいほど金利が低く、支払うべき利息がそこまで高くはなくなるというメリットもあるのです。

お金を借りるという事は、このような理屈が成り立っているという事くらいはしっかりと理解しておくべきです。
業者としても善意でお金を貸してくれるのではなく、あくまでもビジネスなのです。

金利が業者側の直接的な利益になりますので、自分自身の都合の良いようにはいかないのです。
審査で落とされる事とて決して珍しい話ではありませんし。