LED照明で舞台パーライトの電力消費を3分の1に

オフィスや作業現場では照明器具は旧来の電球で行っています。

また事業所で使用するものは一般家庭のものと少し形式が違っているので電球にしても高額であることが多いです。

それ以外にもこの旧来方式では実は電気の消費量が意外に多く、またその電球も寿命が使用頻度によっては短いものがあります。

まめに交換しないとほぼ毎日使用するものなのでその経費もばかにならないです。

このような削減できそうな経費のコストダウンのためにも照明はLEDを使用したほうがいいです。

驚くべきことは、その消費電力の少ないさで普通の電球の半分以下でなかには、省力化は図られているものは4分の1以下のものもあります。

一般的には3分の1の省力タイプがトータルコストの麺で推奨されます。

というのもLEDは普通の電球とちがって、その1個の単価が高いのが普通です。

※参考:LED電球の価格がピンキリですが、その違いは何でしょうか。安いものの欠… – Yahoo!知恵袋

市場価格では普通の電球と比較して4から5倍という程度が主流でかつてはそれほど普通していないときには10倍のものもありました。

今現在では技術の進歩や相当普及したので低価格になりましたが、省力化が優れいるものほど高額になるので4分の1以下のものではその初期費用が割高になるケースもあります。

また寿命の側面では省力化が優れているものとそうでないものではあまり変わらないので、トータルコストを考えて使用するのであれば、3分の1以下の省力化のものが最適です。

この照明の電力を抑える事ができるだけでも月々の電気料金は大幅にカットされます。

しかしLEDは普通電球と比較してその初期費用はかかりますが、長い使用期間を勘案してみると実は寿命が長いので得になっていることに気がつきます。

LEDは場合によっては10年ぐらいはもつものもあるので初期費用を惜しまずに行った方がいいです。

電気料金の支出が事業の全体では決して見過ごすことのできないもので、電力自由化でメリットを受けることも併せてうまく活用したほうがいいです。

 

出典:舞台パーライト