ロイヤルウッドが理想とするフランク・ロイド・ライトの建築理念

ロイヤルウッドについて

ロイヤルウッドは、フランク・ロイド・ライトの建築理念を継承して、住宅を提供する会社です。

日本にも著名な建築家はいますが、フランク・ロイド・ライトの名前がマスコミ等で語られることは滅多にありません。

現代の日本社会で、フランク・ロイド・ライトの建築理念が必要とされるには理由があります。

フランク・ロイド・ライトは20世紀を代表するアメリカの建築家です。

20世紀初頭のアメリカでは、欧州の伝統様式が建築に用いられていました。

フランク・ロイド・ライトは、アメリカの土地にあった建築のあり方を追求し、プレイリーハウスを創案しました。

また、無味乾燥な現代建築を批判し、命のある生命体のような有機的建築を目指しました。

これらの概念は当時から世界中の建築家に影響を与え、20世紀を代表する建築家の一人として位置づけられました。

日本では旧帝国ホテルの設計者として知られています。

旧帝国ホテルは、フランク・ロイド・ライトのみごとな造形感覚を形にした名建築として高い評価を受けましたが、戦後に解体され、ファサードの一部が愛知県の明治村に保存されています。

フランク・ロイド・ライトは旧帝国ホテル設計のために日本へ滞在中、いくつかの建物の設計を手がけ、数棟が日本に現存しています。

また、フランク・ロイド・ライトは日本人の弟子も育て、その中の一人がロイヤルウッドの「アザレア」のコンセプト設計者、堀越英嗣氏の師匠である天野太郎氏です。

日本の街並みは、江戸時代までは日本建築による統一したきれいな街並みが存在していました。

明治時代は欧州の伝統様式を慎重に導入し、街並みはところどころに洋風の建築が建つものの、極端に壊れたものではありませんでした。

ところが、戦後の高度経済成長期と共に、伝統様式ではない近代建築が普及し、日本のきれいな街並みは失われ、現代に至っています。

現代の街並みは住宅地においても統一されたものではなく、商業目的でたてられた住宅だけが目立つ、混乱したものになっています。

オーガニックハウスの概要

フランク・ロイド・ライトの理念を受け継ぐオーガニックハウスは、日本人に正当な建築のあり方や理念を教えてくれるものです。

プレーリーハウスはアメリカの大平原に適したものとしてつくられましたが、日本の風景にも良く似合います。

緩やかな屋根勾配と、深い庇のでは、日本建築の伝統でもあります。

プレイリーハウスが、アメリカの大平原をイメージしてつくられたものであるにもかかわらず、日本の風景に適合しているのには理由があります。

フランク・ロイド・ライトは日本の文化に憧れを持ち、建築作品においても日本文化の影響が感じられます。

プレイリーハウスが日本の風景と調和するのも、フランク・ロイド・ライトが日本文化から影響を受けたことと無関係ではありません。

ロイヤルウッドは、フランク・ロイド・ライト財団とライセンス使用許諾契約を締結し、その建築理念を日本に紹介しています。

フランク・ロイド・ライトの建築理念は時代を超えた普遍性があり、理念の無い無機質な建築物で覆われた現代の都市空間に、新鮮な驚きを与えてくれます。

フランク・ロイド・ライトの建築理念である有機的建築は、そこに住む人々に快適な空間を与えてくれます。

それは、世界的な建築家、フランク・ロイド・ライトからの時代を超えたプレゼントといえます。

現代の日本の街並みに、フランク・ロイド・ライトの理念を受け継ぐ建築が建つことは、衝撃的なことです。

優れた建築家の理念とは、それほど大きな影響を都市景観に与えます。

フランク・ロイド・ライトの建築理念

フランク・ロイド・ライトの建築理念を継承する住宅は、住みやすい住宅でもあります。

フランク・ロイド・ライトの建築は、そこに住む人々の幸せを第一に考えてつくられています。

フランク・ロイド・ライトの建築理念は、そこに住む人々に最も大きな恩恵を与えてくれます。

建物の中央には家族が集うリビングや、オープンなキッチンが設けられ、建物全体の中心的な役割を果たします。

中心から伸びる場所には家族が個別に使う空間が設けられていますが、それぞれが遮断されてなく、お互いの雰囲気が感じられる空間構成となっています。

外装と内装の連携はみごとで、建築がひとつの有機体として統一されています。

ロイヤルウッドのつくる住宅は、日本の街並みに合うように、アレンジが加えられています。

その地の景観に適合することを、フランク・ロイド・ライトも望んでいます。

アレンジはフランク・ロイド・ライトの理念を壊すものではなく、あくまでも継承するものです。

そこに住む人々は、偉大な建築家の理念が、快適な空間と同意語であることを理解します。

床、壁、天井は単独で存在するものではなく、それぞれが関連付けられています。

装飾や模様もバラバラではなく、意味を持つものです。

外部から見る住宅の外観は、はるか以前からその場所にたっていたように、みごとに周辺環境と調和しています。

※「ロイヤルウッド 評判」より抜粋