事業ローンを借りるためには

一般に銀行が、諸手をあげて資金を融資しましょうといってくるのは、毎期しっかりと利益をだし続けていることと、銀行が求めている決算書上の様々な指標をキープし続けている法人だけです。

融資にあたって提出を要求されるのは、3期連続の決算書です。

一般的にこの内容が、3期連続黒字であれば優良融資先として認められることになります。

1期でも赤字決算があると融資は限りなく難しくなります。

担保として提供できる資産があるか、安定した収入が見込める連帯保証人をたてられるかが融資を受けられるのかの最低条件になってくるでしょう。

法人や設立して間もない法人にとっては融資はされないと考えたほうがいいでしょう。


出典:事業ローン徹底比較|事業資金調達方法〜ビジネスローンまで

一般的に、カードローンは個人を対象にした金融商品です。

利用目的は、基本的に自由ですが対象除外が設定されています。

投資やギャンブルに利用することは原則できません。

そのため中小企業の経営者や個人事業主が、事業資金を調達するためにキャッシングを利用することはできません。

一方事業ローンは、事業者だけを対象とした金融商品です。

事業目的の融資は、多くは銀行が取り扱う業務です。

しかしながら銀行の窓口は厳しいのが現実です。

事業ローンを推進しているのはノンバンク系の金融会社が取り扱っています。

銀行は、融資にあたって3期分の決算書は少なくとも提出を求められます。

これに対して事業ローンでは、細かい審査はしておりません。

審査はスコアリングシステムを取り入れています。

スコアリングシステムとは、統計的データを基にして、融資希望者の信用度をスコア化することによって融資の可否を決める方法です。

事業者ローンには、担保や保証人を必要としない無担保ローンと、必要とする有担保ローンにわけられます。

引用:事業ローン銀行金利

無担保の事業ローンは、不動産のない事業者であっても審査さえ通れば融資を受けることができます。

但し簡単に借りられることより、有担保の事業ローンや銀行の融資に比べて金利が高めに設定されていたり融資額が抑えられるのが通例です。

有担保のビジネスローンは、多額の事業資金を低金利で借りたいときに便利なローンです。

借入限度額が多くなるとともに返済期間も長く設定できます。

但し不動産に担保を設定する必要があるため審査機関が、無担保ローンより長くなりますので、急を要する資金調達には対応できないデメリットがあります。

事業をされている方は、節税などの関係で儲けがでていてもださないのが一般的です。

資金調達の幅を広げて確実に資金を獲得できる手段として使ってみてはいかがですか。