民事再生も債務整理のひとつ

債務整理の種類として、あまり一般に知られていないのが、個人再生だと思います。

これは、民事再生法に基づく手続きで、個人再生とも、民事再生とも呼ばれます。

自己破産は、すべてをゼロからスタートしなおす際に利用する債務整理方法です。(免責にならないものもあるようですが)

また、任意整理は、今ある債務を債権者との話し合いの上で圧縮し、減額してもらう方法です。

一方、個人再生は、住宅などの資産を失わずに、今ある債務を5分の1程度(最低100万円以上)にまで大幅に減額してもらえるという国が定めた制度です。

個人再生をした場合、この減額された額を3年間に分割して返済することになります。

民事再生法に基づく債務整理方法は、当然、裁判所への申し立てが必要になります。

また、自己破産などは財産がない場合にはそれほど難しくありませんが、個人再生は非常に複雑な手続が必要になるので、弁護士などに依頼して進めてもらうのが良いでしょう。

依頼料はかかりますが、個人再生委員への報酬額が少なくて済むなどのメリットもありますし、認められれば大幅な返済額減額となるので、この債務整理をする場合は弁護士に依頼することをお勧めします。

また、個人再生を行うには、いくつかの条件があります。

まず、住宅ローン以外の借金の総額が5000万円を超えないこと。

継続して借金を返済できる定期収入の見込みがあり、2年分の所得が減額後の返済額を上回ること。

そして、借金をしたのが個人である、ということです。

つまり、会社経営者が会社のためにした借金は、個人再生の対象にはならないということですね。

デメリットは、官報に載ってしまうということや、一定期間信用情報機関に載ってしまうということなどです。

また、退職金の見込み額や、所得の明細書、公共料金の明細書などを提示する必要があるため、周囲に知られずに手続きを進めようとする場合には注意が必要です。

どの債務整理方法を選ぶのかと言うことは、一度決めたら後から変更することはなかなかできません。

自分にあった手続きを取るようにしましょう。

過払い、債務整理などのご相談は川崎のコチラの事務所で決まり