大学受験事情のあれこれ

大学進学には絶対に欠かすことが出来ない大学受験

日本の大学進学率は右肩上がりに増加して、今や全国の高校生の半数以上が大学に進学する時代がやってきました。

そこでのしかかってくるのが、大学進学には絶対に欠かすことができない大学受験という事ですが、失敗しないためにはどのように大学を選んでいけば良いのでしょうか。

まず、志望の大学を選ぶ際にみなさんは何を基準に考えるでしょうか。

ある人は大学の知名度、またある人は入れる所ならどこでもいいと考えるかもしれませんよね。

もしかしたら、経済的に国立以外は無理という事情を持っている人も中にはいるでしょう。

いずれにしても大切な事は、どんな志望動機であるにしろ、大学は入ってしまったらそれで終わりなのではなく、今後の自分の将来に大きく影響する通過点である事をしっかり認識する事なのではないでしょうか。

例えば知名度がある大学ならばどこでも良いと、片っ端から名の知れている大学のいろいろな学部を受験したとします。

そしてその内のひとつに合格し、晴れて大学生になったとしても、入学後にあまり興味が持てるような学部ではなかったと後悔したという話は枚挙にいとまがありません。

もちろん、ある程度の知名度がある大学ならば就職の際には有利かもしれません。

でも、興味のない学部を卒業し、その学部関連のあまり興味のない職業に就いたとしたら、長い人生の大半をその興味がない事に費やさなければならない事になりますよね。

それから、入れる所ならどこでも良いという理由で選んだ人は、就職活動の際に人一倍苦労をするかもしれないという事を覚えておきましょう。

Fランクと揶揄される大学でも、入学する理由は就職の際の応募条件が「大卒以上」だからという事が言われていますよね。

でも、実際は学校の名前で試験すら受けられないという事は実際に起こっているのです。

「じゃあ一体どうしたらいいの?」という事になりますが、まずはそこそこ偏差値が高いと言われる高校から知名度重視で大学受験をするという人は、ちょっと待ってください。

自分が興味を持てそうな学部に絞り、同じようなランクの異なった大学を受験する

大学の知名度は確かに社会に出てから役に立ちますが、少なくともひとつの大学の異なった学部をいくつも受験するのではなく、自分が興味を持てそうな学部に絞って同じようなランクの異なった大学をいくつか受験することをおススメします。

その理由は、興味の持てそうな学部ならば大学に入ってからの授業にも積極的に参加できる可能性が高いからです。

反対に志望の大学には入れたものの、全く興味が持てない授業なら、次第に足が遠のいて授業に出席しなくなるという事があり勝ちです。

マンモス校ならば特にその傾向が強くなりますよね。

また、入れる所がFランクの大学しかなかったという人も諦めてしまうのは早すぎます。

確かに一般論でいえば就職の際には不利だと言えますが、どんな大学であろうと首席ならば話は別です。

圧倒的に良い成績ならばそれは誰が見てもその人の努力の証である事がはっきりしているからです。

高校まではあまり成績がパッとしなかったという人でも、偏差値がそれほど高くない大学ならばトップを取れる可能性は十分にあります。

そして、経済的に国立以外は無理だという場合ですが、恐らくそういった家庭状況は大学受験直前に知らされるというわけではないので、ある意味場長い準備期間が取れるとポジティブに考えるようにしましょう。

自分が文系に行きたいのか理系に進むべきなのかをハッキリさせる

そしてまずは自分が文系に行きたいのか理系に進むべきなのかをハッキリさせます。

例えば数学や物理が苦手だったら、もう文系だってわかりますよね。

そして文系の人ならセンター試験に出る数学の範囲は決っていますから、数学の基礎を繰り返し勉強すると良いでしょう。

そしてある程度の点数が確保できるようにします。

得意科目に時間を割くやり方を推奨する

その後はむしろそれ以上の点数を望むのではなく、得意科目に時間を割くやり方を推奨します。

同じ時間数勉強するにしても、得点の伸び具合が全然違うので、トータルの点数がモノを言うという場合には、このやり方が1番効率的だと言えるでしょう。

それに二次試験は得意科目で勝負するわけですからそういった意味でも十分に時間をかけたいところですよね。

私は東進MSGという衛生予備校で受験勉強の進め方や志望校にあった勉強方法など担当の講師にアドバイスをもらい効率よく勉強することができました。
参考:東進MSG評判

大学受験は、その動機や家庭の事情がひとりひとり違う

このように大学受験は、その動機や家庭の事情といったものがひとりひとり違います。

でも、共通して言えることは誰もが自分の将来を考えた上で、受験することを決めたという事でしょう。

当然のことながら大学に入り際すれば幸せな人生が約束されているわけではありませんよね。

でも、高校を出てすぐに働き始める人に比べて数年間、まだ自分の人生の方向を考える時間の猶予が貰える事には間違いありません。

4年間という時間は、勉強以外でもさまざまな体験をするには決して短すぎる時間ではないはずです。

そして大学で学んだ事が社会に出て数年、或いは数十年後に役に立ったということだって案外ある事なのです。

そう考えれば辛い大学受験の勉強の中にも、明るい希望を見いだすことができるのではないでしょうか。