板金塗装の料金相場は?

車に傷がついたりへこんだりしたときに行うのが板金塗装。
板金塗装を自分でやるという人はかなり少ないでしょう。
多くの場合、業者に頼むことになるかと思います。

でも、板金塗装というのは業者によってかなり料金体系が違うもの。
相場というのはわかりにくいので、明確な相場を算出することは難しいですが、板金塗装の料金相場について説明していきましょう。

参考URL:http://www.motoshige-auto.com/ryoukin.html

■バンパーの板金塗装料金

板金塗装というのかは微妙ですが、一番損傷の多い箇所がバンパー。
大きな事故でも小さな自己でも自損事故でも傷つけてしまう場所ですね。
ちょっとすれただけでも傷がつきます。

ただ、FRP樹脂という素材を板金として使っているのです。
熱で簡単に曲げたり形を整えることができる素材なので、料金は最も安いですね。
大体1万円あれば足りるでしょう。

■ドアの損傷

次に多いのがドアの損傷です。
ドアが損傷した場合、板金塗装には3万円程度が相場。
ドアはバンパーほど傷を直しやすい素材ではないので、それなりの技術と手間が必要です。
なので、バンパーよりも高めの料金設定になっていますよ。
ちなみに、塗装とは違いますが、損傷がひどくて交換になった場合は、5万から10万円程度かかってしまいます。

■料金体系は業者や車種によっても違う

板金塗装の業者には、料金体系があっても無いようなものです。
料金体系を載せているところもありますが、それはあくまでも目安。
実際の料金は傷の状態やどのメーカーの車か、どのメーカーのどの車種かによって変わります。

また、コースによっても変動する場合がありますよ。
激安コースというのを設け手いるところもありますが、その分ちょっと雑な方法になってしまいます。
車の値段もピンからキリまでありますが、板金塗装の値段も修理費用にはかなりの幅があるのです。
それを理解した上で、業者に依頼しましょう。

■愛車のために

料金は少し高くつきますが、愛車のためです。
長年乗り続けてきた(乗り続けるであろう)車というのは愛着があるもの。
大切なものをなおすため、守っていくため。
そう考えると、板金塗装の料金は安いものですね。

部品を交換するよりは安く済むので、業者に行ってみましょう。

寿司はマグロが一番

・日本のごちそう

日本のごちそうと言えば、やっぱり寿司ですよね。
その認知度は世界中に広まっており、日本の伝統食でもあります。

この寿司は、それなりの物を食べようと思ったら値段が高く付くのがネックと言えばネックですね。
値段分の価値があるのはわかっているのですが、それでも月に何度も通えるものではありません。

しかし、日本には回転寿司というのもあります。
一皿百円から食べることができますし、しかも年々クオリティが上がっている!気がします。
ここならマグロだろうがあわびだろうが食べまくっても懐が痛むことはありません!

・・・いや、正確には量が過ぎると痛みます。
それでも、寿司を思う存分食べることのできる回転寿司は貴重な存在です。

寿司以外にいろいろなものを注文できるのも楽しい。
これからも長く続いて欲しいですね。

天然本マグロ&大トロを通販で買うならこちら

・回らない寿司に行ってみた

回転寿司好きな私ですが、先日は5年ぶりくらいに回らない、しかもお高めの寿司屋に行ってきました。
世話になっている方が奢ってくれたのです。

久しぶりすぎて何だか緊張してしまいましたが、美味!美味!美味!
マグロなどネタの鮮度を見ても、やはり回転寿司とはレベルが違いますね。

遠慮しなくていいと言われたので、お言葉に甘えてネタの半分はマグロをご馳走になってしまいました。
普段世話になっている人にさらに世話になってもいいものなのかと思いましたが、眼前の誘惑には勝てませんでした。

このお礼はいずれ必ず!
その時はマグロをご馳走させていただきたいと思います。

・回転寿司にも行ってきた

回らないお寿司をご馳走になってから、1週間間にはまたマグロを求めて回転寿司に行きました。
当たり前ですが、ご馳走になった店よりもランクは落ちる。

しかしこの値段でマグロの握りを食べれることには、やはり感謝をしなくてはいけません。
どちらが良いというわけではなく、どちらにも長所はあるのです。
これからも日本の文化でもある寿司を伝えていってほしいと願います。