幅広い年齢層で利用されているこくみん共済

こくみん共済は、全労済の共済です。

全労済とは、全国労働者共済生活協同組合連合会の略称で、共済事業を行っている協同組合のひとつです。

全労済は、営利を目的としない組織です。

協同組合に参加したい場合は、出資金を出せば組合員になることができます。

全労済は、生命保障や損害補償、賠償保障まで、幅広い共済事業を実施しています。

全労済の保障は、6つの分野と11の共済商品で構成されています。

こくみん共済は、医療、生命、賠償など、それぞれのライフステージによって幅広い保障を提供しています。

こくみん共済には、様々なメリットがあります。

掛け金は年齢や性別を問わず一律で、更新しても掛け金が高くなりません。

余剰が生じた場合、割り戻し金が返ってきます。

医師の診断が不要で加入の手続きが簡単なのも魅力のひとつです。

こくみん共済の中で人気が高い商品が総合保障です。

総合保障は、入院や通院、死亡まで幅広くカバーしています。

死亡や重度の障がいは、家族に大きな負担がかかります。

総合保障は、死亡や重度の障がいを手厚く保証しています。

重度障がいの場合は、手厚い介護支援もあります。

日本では、医療の進歩によって医療保障へのニーズも高まっています。

女性疾病や先進医療の保障を備えたい人や、一生の保障が欲しい人の要望に応えたのが医療保障です。

がん専用の保障では、がん保障プラスがあります。

この保証は、基本タイプにセットすることで、がんに備えます。

生後初めてがんの診断を受けた場合は、1回に限り100万円が保障されます。

また、がんで入院した場合は、支払い日数が1日から無制限です。

安心が一生続き、手術と入院に特化した保証が、一生涯保障の終身医療5000です。

不慮の事故などで所定の身体障がいの状態になった場合は、掛け金の払い込みが免除されます。

子供の保証も充実

子供の保障も充実しています。

子供の総合保障は、満0歳から加入することができます。

入院や死亡、障がいなど、様々な子供のリスクを幅広く保障しています。

病気やケガで入院した場合でも、日帰りからしっかり保障してくれます。

年齢を重ねると、健康に不安を感じる人が増えます。

シニアの保障は、介護が必要になった時でも安心の保障です。

こくみん共済は掛け金がお手頃なので、家計のやりくりで頭を抱える主婦にも人気があります。

助け合いの保障である全労済の共済は、多くの人が何事もなく無事に過ごせた場合、余剰分が割り戻し金として戻ってきます。

加入を希望する場合、公式ホームページから申し込むこともできます。

こくみん共済 種類」も参考

LED照明で舞台パーライトの電力消費を3分の1に

オフィスや作業現場では照明器具は旧来の電球で行っています。

また事業所で使用するものは一般家庭のものと少し形式が違っているので電球にしても高額であることが多いです。

それ以外にもこの旧来方式では実は電気の消費量が意外に多く、またその電球も寿命が使用頻度によっては短いものがあります。

まめに交換しないとほぼ毎日使用するものなのでその経費もばかにならないです。

このような削減できそうな経費のコストダウンのためにも照明はLEDを使用したほうがいいです。

驚くべきことは、その消費電力の少ないさで普通の電球の半分以下でなかには、省力化は図られているものは4分の1以下のものもあります。

一般的には3分の1の省力タイプがトータルコストの麺で推奨されます。

というのもLEDは普通の電球とちがって、その1個の単価が高いのが普通です。

※参考:LED電球の価格がピンキリですが、その違いは何でしょうか。安いものの欠… – Yahoo!知恵袋

市場価格では普通の電球と比較して4から5倍という程度が主流でかつてはそれほど普通していないときには10倍のものもありました。

今現在では技術の進歩や相当普及したので低価格になりましたが、省力化が優れいるものほど高額になるので4分の1以下のものではその初期費用が割高になるケースもあります。

また寿命の側面では省力化が優れているものとそうでないものではあまり変わらないので、トータルコストを考えて使用するのであれば、3分の1以下の省力化のものが最適です。

この照明の電力を抑える事ができるだけでも月々の電気料金は大幅にカットされます。

しかしLEDは普通電球と比較してその初期費用はかかりますが、長い使用期間を勘案してみると実は寿命が長いので得になっていることに気がつきます。

LEDは場合によっては10年ぐらいはもつものもあるので初期費用を惜しまずに行った方がいいです。

電気料金の支出が事業の全体では決して見過ごすことのできないもので、電力自由化でメリットを受けることも併せてうまく活用したほうがいいです。

 

出典:舞台パーライト

少子高齢化の波を実感

幼少時に過ごした田舎町を離れて30年余りが経ち、ふと気づくと自分の両親もすっかり年老いていました。

母が風呂場で倒れたとの連絡を受け、慌てて実家に帰ってみると、あれほど元気だった母がすっかり痩せてしまい、記憶力や思考力なども落ちているようでした。

父のほうはまだ元気なのですが、年齢的には母よりも年上のため、こちらもいつ倒れるか判りません。

倒れて以来すっかり気弱になった母を捨ててはおけず、長年勤めていた会社を退職して実家に戻ることになりました。

残念なことになかなかご縁がなくて結婚していないため、実家に戻るのも身ひとつで済みます。

一番困ったのが仕事関係で、それまでやってきた仕事を引き継ぐような形で思い切って独立してみたものの、とにかく実家が田舎町にあるため、ちょっとした連絡や買い物にも不便です。

辺りを見回してみれば自分の家族以外も同じような状況で、都会に出てしまった子供は山奥の田舎町にはなかなか戻らず、介護の手が足りている家などないといった印象でした。

実際のところ戻って来ても仕事があるわけでもなく、家庭や子供がいる場合にはなおさら戻れないでしょう。

老人の人数に対し、その面倒を見るはずの子供の人数はまったく足りておらず、行政の手助けで何とか暮らしている世帯ばかりです。

少子高齢化の波をつくづく実感しました。

自分の父母に対しては自分自身が責任を持って面倒を見ることを決めましたが、隣の家などは1人息子が帰らず、お婆さんが1人で生活しています。

隣家のお婆さんは私には泣き言などを言わずに元気に生活しているものの、私の父や母にはポロリと弱音が出るようです。

いずれ弱ってきたら、母のように風呂場で倒れてしまったらと想像すると恐ろしくなるようで、私自身も独身であるためにその気持ちは充分に判ります。

自分自身も少子高齢化の波の中にいる1人だという自覚はあります。

私の場合は色々な都合が重なって結婚できず、この年まで独身を通してしまいました。

今は父母の面倒を自分で見ることができますが、自分が年老いた場合を考えると怖くなります。

独身だったり、子供がいても人数が少ないといった家はよくあるようで、以外にも独身仲間には事欠きません。

長い間続けてきた事業なのに後継者が見つからずに泣く泣く廃業したという人や、家や財産を残しても継ぐ子供がおらず、自分が死んだあとの遺産がどうなるかも判らないという人もいて、子供の人数が少ない現状の怖さを実感しています。

政治家の畑恵さんもこの対策に取り組んでました。

 

[広告] 畑恵

スマートフォンでも見られるものも増えている

昨今の有料アダルト動画は多様性も出ています。

ただパソコンから動画を閲覧するだけではなく、例えば同じアカウントを使用する事でスマートフォンからも閲覧出来るものもあります。

「有料アダルト動画」と聞くと、ついついパソコンからの閲覧のみを想定する人が多いと思いますが、スマートフォンからも閲覧出来ます。

作品の性質上、さすがに出勤途中やちょっとした休み時間に閲覧する人は少数派かと思いますが、寝る前に布団の中からスマートフォンで見たり、あるいは出張先で閲覧したり。

家のパソコンからだけではなく、アカウントを活用すればノートパソコンを持ちだしたり、漫画喫茶等でも閲覧出来るようになります。

特定のマシンからだけではなく、様々な所で見られる有料アダルト動画の場合、シチュエーションを問わずに楽しめますので、簡単に元を取れるはずです。

急に出かける事になっても、スマートフォン一台あれば問題なく楽しめるのです。

もちろんシーク等も出来ますので、見たいシーンだけを楽しめます。

気を付ける点は言うまでもなく通信料です。

アダルト作品に限らず、動画コンテンツはどうしても大容量です。

ついついパソコンでのように見ているとすぐに容量制限に引っ掛かってしまう可能性がありますので、スマートフォンで有料アダルト動画を楽しむ場合、Wi-Fi環境下で楽しむのは大前提です。

パソコンで見た事がある作品であっても、スマートフォンで見る際にはスマートフォンにダウンロードなどしなければなりません。

有料アダルト動画云々というよりも、スマートフォンで動画を見る上での注意点と言っても良いかもしれませんが、通信量の制限を超えてしまうと動画を見る速度が遅くなってしまいます。

自分にとって良いと思えるシーンがやってきたと思ったのに急にカクカクになってしまってはさすがに気分が盛り下がってしまうかと思いますので、汎用性の高さを活かすためにも、有料アダルト動画をスマートフォンで楽しむのであればWi-Fi環境が必要です。

※無料アダルト動画サイトと有料アダルト動画サイトの比較