タレント育成は先を見据えなければできない

タレントについて

毎年のように新しい俳優や女優が多く世に出るように、タレントもびっくりするほど毎年デビューしています。

しかしすぐに諦めてしまう人もいれば目先の仕事に追われていくうちにやる気を失っていく人、そもそも仕事が全くない人など様々な末路を辿ります。

大事なことはいかにしてタレント育成に努めていくかですが、リードワンプロモーションなど事務所に求められるのは先を見据えた選択をしていくことです。

もっと言えば、目先のお金のために仕事をチョイスすることはあってはならないとも言えます。

タレントとして売れるためにはその人にしか出せない魅力、もしくは世間が求めている役柄に特化することが必要です。

世間が求めている役柄に特化することは実に簡単です。

毒舌キャラが求められれば毒舌キャラを演じればいいからです。

これがうまい人は世間が求めているものを次々とこなしていけます。

これもある種才能ですが、これを徹底すると自分の魅力や個性をある程度犠牲にしなければなりません。

この割り切りができる人はタレントとしてやっていけますが、その葛藤に負けてしまった人は段々とやる気をなくします。

また世間が求めているものを常に考えて行動することは失敗があまり許されないことを意味します。

それでいてあまり変化は求められておらず、若いうちからそれをやってしまうと30代以降の成長に影響を及ぼします。

こうした仕事をリードワンプロモーションなどの事務所がしてしまうとタレント育成という点ではあまりいい結果は生みません。

仕事を選んで挑戦させていくことで磨かれる

その人にしか出せない魅力は仕事を選んで挑戦させていくことで磨かれます。

感情表現が豊かそうに見えたらミュージカルをやらせ、歌が上手そうなら歌手としてデビューさせるなどのことも必要です。

迷走している印象を与える可能性がありますが、そこがリードワンプロモーションなどの芸能事務所の腕の見せ所です。

1つの方針を事前に定めておき、その方針にブレないようにしておけば歌や芝居などを自由にやらせても問題ありません。

特に俳優や女優の場合はあえてバラエティばかりに出させて鍛えてもらうのも大切です。

優秀なタレントは様々な仕事の経験を良くも悪くも吸収します。

そして引き出しを多くしておいて、30代以降にその引き出しを上手く使って大きく成長していきます。

いつ大ブレイクするかわからないのが芸能界であり、長い下積みが結果として爆発力を生み出す要因になることもあります。

タレントとリードワンプロモーションなどの事務所がお互いに方針を共有し、それに向けてブレずにやっていけるかがタレント育成の成功を左右します。

 

リードワンプロモーション

林田学の公式サイトは役に立つ

林田学は元大学教授であり、法律関係の書籍もいくつか出していたそうです。

林田学の公式サイトを見ると、法律トラブルに関する相談をはじめ、就労支援などさまざまな問題に取り組んでいることがわかります。

2015年に出版された「健食ビジネス新時代を勝ち抜くプロの戦略」はとある大手の通販サイトで売れ筋ランキング1位になっています。

元大学教授、元弁護士といったさまざまな経歴を持つ林田学の公式サイトは、役に立つ情報が盛りだくさんです。

法律トラブルで悩んでいる人だけでなく、トラブルを抱えている人、悩みを持っている人など多くの人におすすめができます。

私は林田学の公式サイトを見て、法律トラブルについて相談をしたことがありました。

面談には予約が必要であり、有料となっているようでした。

まずはメールで相談をして、電話でも相談をしてみました。

電話で相談をしているうちに問題の解決方法がわかりましたので、面談までは進みませんでした。

もしも林田学の公式サイトを見ていなければトラブルを解決できていなかったかもしれないと考えると、林田学の公式サイトを見ていて本当によかったと思います。

トラブルを解決してもらったことをきっかけにして林田学に興味を持ち、「PL法新時代」を読んでみましたが、内容が難しく、基本的な法律の知識が身についている人向けだということがわかりました。

有名な本はとりあえず読んでおこうと考える私でしたが、自分のレベルに合った本を読むことが大切なのだということを学びました。

私のような一般人にとっては、元大学教授、元弁護士という経歴を持つ人は普段付き合う機会がない人なので、あまりイメージが湧きにくいですが、過去にトラブルを解決してもらったことをきっかけにして、応援したいと思うようになりました。

さまざまな活動を行っており、社会に貢献をしている人という印象です。

公式サイトからはお問い合わせのメールを送ることもできるので、気になることがあったら問い合わせてみましょう。

FIPパートナーズに代表される投資ファンド

投資ファンドは英語ではFundと表記され募金や資金を意味します。

よく金融業界で使われている言葉の投資ファンドは投資家から集めた資金を元にしてそれを投資先に投資し、運用して利益が出た場合には投資家に配当や売却益として分配する仕組みを指すものです。

これには公募型と私募型の2つの方法があり公募型は投資信託と呼ばれることが多く、私募型はヘッジファンドがよく知られています。

公募型は不特定多数の人たちを対象にしてオープンに資金を募る場合のことを指します。

これには一般投資家として誰もがこれに参加することが出来て投資信託の形で知られています。

法律による規制とか行政上の監督も受け投資家を保護するための制度も設けられています。

 

私募型について

私募型は企業などの機関投資家、あるいは富裕層と呼ばれる資産家から資金集めが行われるものの場合を言いヘッジファンドが有名です。

基本的には法律による縛りや規制などがなく自由な運用が認められているものです。

そして投資家はより高い配当を得ることが多いとされています。

資金集めは投資家から銀行や証券会社に、郵便局などを通じて行われ直接に資金が集められます。

集められた資金はそれの保管業務を行う信託銀行にまとめられます。

 

お金の投資方法は株式や債券、デリバティブなど資産管理を専門とする運用会社が信託銀行に指示を出して信託銀行はその指示に従うことになります。

投資を行ってそこから生じた利益は集められたお金の量に応じて信託銀行から販売会社へ分配され、販売会社はそれを各投資家に出資した額に応じて利益を分配します。

広く投資を募ることと販売や運用、資産の保管などは各機関が行うことになります。

投資家保護の観点からは行政上の監督や販売規制、金融商品の運用に関する規制などがかけられています。

 

私募型のヘッジファンドは一部の企業や富裕層から多額の資金を募りそれを集めて運用する形態をとっているものです。

株式や債券、金融派生商品など様々な方式で大きな利益を追求するものでハイリスク・ハイリターンな運用が多いとされています。

利益の追求のために相場の乱高下を招くこともあり問題になることも知られています。

2007年ごろにサブプライム問題が発生したのもこれが原因とされています。

ここから2009年にはヘッジファンドの規制も行われるようになっています。

以前にも法整備はされていたもののこれらのファンドの環境が整ったのは2000年代に入ってからとされています。

 

ファンドマネージャーの仕事

ファンドマネージャーと呼ばれる信託銀行や保険会社、金融機関に属する金融資産運用の専門家が投資家から集められた資金を元に投資計画を立てて資産運用を行うことになっています。

投資の環境を調査しながら投資対象となる分野において分散投資を行い、時には最適なものへ組み替えることもあります。

これらの人は当初運用会社に入社し、最初の数年間は調査部門でアナリストとして色々な産業分野を担当し、財務分析や企業訪問などを通じて投資のためのリサーチ力や分析力を養うとされています。

ある程度経験を積んだ後に運用部門に入ってグループの一員としてアシスタントファンドマネージャーとなり運用を実際に経験することでファンドマネージャーになるとされています。

これになると金融庁に登録することが義務付けられています。

 

株式を中心に運用されるものは株式投資信託と呼ばれ債券を中心に運用されるものは公社債投資信託と呼ばれています。

国内で投資信託法に基づくものは国内投資信託、国内で外国の法令に従って設定された投資信託は外国投資信託と呼ばれています。

ドル建てなど外国投資信託の場合は証券は外国の保管機関に預けられ、購入や保有には外国証券取引口座の開設が必要となります。

国内か外国かは投資信託説明書によって確認することが出来ます。

株式市場に上場しているものもあります。

日経平均株価や東証株価指数などに連動することを目指すファンドや不動産へ投資する不動産投資信託など賃貸収入目的になされる投資信託もあります。

海外の不動産投資信託にも投資することが出来ます。

投資信託を行う場合には購入時手数料というものと、運用管理費用となる信託報酬、そして信託財産留保額という3種類の手数料がかかって来ます。

 

この手数料は証券会社によって率が違い、インターネットを通じて購入できるネット証券を利用する場合にはこの手数料の額は実店舗を構える証券会社を利用する場合よりも安くなるとされています。

ネットの証券会社を利用する場合には会社の規模も少人数で済むところから、人件費や経費も少なくて済むのでこういう設定も可能になるとされています。

投資信託が現時点でどれぐらいの価値があるのか知る尺度として基準価格というものがあり、これを変動の指標として参考にすることが出来ます。

分配金込みの基準価格の騰落率はサイトのページを通じて商品ごとにこれを確認することが出来ます。

リスクを伴うことに注意が必要となります。

 

FIPパートナーズ 投資先」も参照

音楽関係の仕事を始めるなら音楽大学に通いましょう

子供の頃から音楽関係の仕事に憧れる人は沢山居ますが、音楽関係の仕事に本気で就職するとなるととても大変です。

音楽関係の仕事は種類が沢山あり、その仕事にあった知識や技術が必要になります。

また、音楽家の方も沢山居るので他の方に負けないくらいに技術力を身に着けなければなりません。

音楽の技術を身に着けるには実際に専門の機械を触ったり、高品質な楽器を自分で何度も弾いて練習しなければなりません。

とは言え、専門の機械や楽器は価格が高い物が多いです。

特に楽器は沢山の種類があるので価格が安い物を選ぶという事も出来ますが、安い物でも全体的に価格が高いので発生する費用が多くなってしまいます。

音楽関係の仕事に就くには一つの楽器だけでなく、沢山の楽器を実際に使用して練習する必要がある場合もあるのでかかる費用は高額になるばかりです。

楽器自体を手に入れても弾いて練習する為の環境も必要になります。

防音対策が出来るような部屋を用意するのにも費用は発生するので、これ等の点だけを考えてもお金に余裕がある方出ないと就けない仕事だと考える方が多いです。

しかし、ある程度費用を抑えて音楽を学べる所があります。

音楽関係の仕事に就くなら音楽大学に通いましょう。

音楽大学とは一般の大学とは違い、音楽の事を専門に学べる大学の事を言います。

音楽関係の事に詳しい講師の方が細かく勉強を教えてくれるので効率良く知識が付けられるようになります。

武蔵野音楽大学は有名な音楽家を多数排出していますので、おすすめですよ。

→武蔵野音楽大学オープンキャンパスについて

わからない点についても質問すれば教えて貰えるので、自宅で一人で色んな事を試していてわからないような事もすぐに学べるようになります。

音楽大学には音楽の事を一通り学べるように様々な楽器が用意されているので、自分で楽器を購入しなくても様々な楽器の練習が出来るようになります。

楽器の使い方も教えて貰えるので触った事すらない楽器も学べてお得です。

少し知識がある方が一人で学ぶよりも、全く知識が無い方が音楽大学で学んだ方が音楽関係の仕事に就ける可能性は高くなります。

音楽関係の事を専門に学べる学校なので学費は少し高めですが、防音対策をした部屋を用意したり沢山の高級な楽器を購入しなければならない事を考えると費用面でも得をします。

学費は通う音楽大学によって少しずつ違うので、費用を抑えたい場合は通う所の選び方にも気をつけてみるとよりお得に学校に通えるようになります。

音楽の仕事に就くなら専門の大学で知識をつけておきましょう。

 

関連記事
音大のレベルを教えてください。芸術大、桐朋、武蔵野、国立、東邦… – Yahoo!知恵袋
音大卒の人達に聞いた「音大のメリット・デメリット」とは?

最終更新日:2016年10月6日