アトックスで行われている事業や特徴

福島第一原発事故の復興事業を行なっているアトックス

アトックスに関することで忘れてはならないのが、福島第一原発事故に関する復興事業です。福島第一原発は東日本大震災で大きな被害を受けた施設であり、数多くの問題を抱えていました。

その中でも放射能の除去に関わる事業を行っているのが注目すべきポイントであり、放射性物質の除去や洗浄などの研究を行っている会社です。専門の研究センターと拠点が設置されていて、その施設内で研究者が原子力発電の安全性における検査だけでなく設備の点検や機器の補修を行っています。

それに加え、社員の技術開発などをしっかりと行っている会社ですので、非常に難しいとされている放射性物質の除去なども行うことができます。

放射性物質の取り扱いに関しては知識があるだけでは足りず、徹底した安全管理が必要になりますので、安全性の検査がきちんと行われていて設備の点検なども怠らないという基本を守れる会社でないと任せることができません。

研究センター内部の設備では原子力発電所で使用されているものをそのまま活用できるようになっており、現場で通用するような技術開発や実験などを行うことが可能です。

原発というリスクを伴う施設での作業ですから失敗をしないように万全の態勢で臨まなければなりませんので、ミスを防ぐための対策は必要になります。

失敗をすれば取り返しのつかないような事態を招くことになり、事態を後退させることにもなりかねません。そういう状況にある原子力発電において作業員がミスをしないように設備を使いやすくしたり安全性を確保するために技術革新を行っていますので、アトックスは信頼できる会社です。

放射の除去に関する技術でも秀でているアトックス

技術開発センターで使用されているガンマ線照射施設は国内でも有数の放射線強度を誇ります。強度はとても重視される点なのですが、それは破損したり透過すると大変なことになるからです。十分な強度があることでこういったリスクを軽減でき、放射能が漏れ出す心配がありませんので、その点においても安全性に優れているといえます。

設備自体が優れているだけでなく、その管理においても定評があります。設備内では衛生面に注意しながら取り扱わなければならない器具や十分に注意するべき精密機器がありますので、それらを適切に扱えるようにマニュアルをまとめて作業を行うようになっているという点が徹底した管理をよく表している点です。

いくら設備が優れていてもそれを取り扱う人間の意識が低くて適切に対処することができなければ危険を伴いますので、マニュアルでしっかりと管理しているという点も非常に重要です。

放射能に関する業務においては除去の技術が注目されますが、アトックスでは放射の除去に関する技術でも秀でています。この作業に関しての技術開発では、厳しい環境にも耐え抜くように設計され、決められた任務を忠実に遂行できる除去装置が開発されています。

具体的に述べると高線量の環境下において遠隔地からでも操作して不具合を起こしたり遅れたりすることなく正しく動作してそれぞれのポイントの放射能汚染物質を取り除くことができるようになっているのが、この装置の最大の強みです。

作業の効率化と迅速化のためにコンピューターで一括管理しているアトックス

よく除去用の機械というと地面を這って底面の除去をするタイプが思い浮かびますが、こちらの装置は高い壁を這い上がってブラッシング処理を行うことで除去するタイプの装置もありますので、様々なポイントに対処しなければならない原子力発電所の作業で非常に重宝されています。

放射性廃棄物の処理や管理も行っていて、汚染水を取り扱う際には容器から漏れ出す微量の放射線に注意して取り扱わなければなりませんが、汚染水を適切に処理する装置を現地に輸送して対応しています。

汚染された水に含まれている放射性物質が基準値を下回るまで除去することで汚染水を再度利用することができるようになり、汚染物質の削減を行うことも可能です。

汚染水のみならず個体の汚染廃棄物もありますが、その場合は粉砕することにより除去しています。福島第一原発の場合には除去作業で使ったホースやブラシ、木材、防護服、ゴム製品などがその対象となり、しっかりと処理した後は可燃物として焼却することができます。

原発の建物は通常の解体用の重機では操縦者が被ばくする恐れがありますので重機を活用して壊すことができません。しかし、アトックスでは持ち運びが可能なプラズマ切断機を活用して遠隔操作することで対処し、離れた場所で被ばくを最小限にしながら確実に施設の壁などを切断することができます。

大型のドラム缶などもこの方法によって処理を行うことができますので原発施設の処理において非常に重宝されます。

作業の効率化と迅速化のためにコンピューターで一括管理していることもアトックスの大きな特徴です。汚染物質の可視化を行うことができますので、現地での作業にも役立ちます。

これらの研究によって福島第一原発事故の放射能汚染物質の除去作業に大きく貢献している会社であり、その高い技術力は広く評価されています。

・参考記事「原子力で医療に貢献!アトックスの核医学医療事業

CO2削減で地球温暖化が防げる

大気汚染

1.エスコシステムズが提案するCO2削減について

どうすれば地球温暖化を防ぐことができるかというと、それには温室効果ガス特に二酸化炭素の排出量を少なくすることしか方法はありません。
どの程度少なくすればいいのかというと、最終的にはCO2の大気中濃度を産業革命前の二倍程度にすることを目標にしています。

そのためには排出量を現在の三分の一程度まで、削減しなければなりません。
エスコシステムズによると今考えられているCO2削減方法としては省エネルギー対策、新エネルギーの源の開発、原子力政策の推進、外国との排出量取引などがあるということです。

排出量取引というのは、約束以上に排出量を減らすことができた国がその分をほかの国に売ることができるというものです。
たとえば日本の場合6%の削減目標ならば、もし10%削減することができれば超過分の4%を他の国に売ることができるというものになります。

また先進国が途上国の排出量を削減する事業を実施した場合、その削減分を先進国の実績として認めることや他国と共同で省エネプロジェクトを実施し排出量を削減することができた場合も、その削減分をお互いで分け合うことができるようにしようと考えもあります。

要するに世界全体で目標値を達成すればいいということです。

努力して目標以上の成績を上げた国には、何らかのメリットを与えようと意味合いもあり、こうしたことから近い将来温室効果ガスの削減量が商品になり国家間、企業間で取引が行われる可能性があります。

地球全体の危機だというのに、なんだか経済活動や自分勝手な思惑が優先している印象を受ける感じです。

2.CO2削減は産業活動自体を制限することにつながる

ですがCO2削減を行ってCO2の排出量を減らすことは、産業活動自体を制限することにつながることからいろいろと面倒な駆け引きや問題が出てきます。

先進国を中心にした削減目標が掲げられた背景には、発展途上国から激しい反発があったことが関係していて、先進諸国は二酸化炭素などの温室効果ガスを発生させることで、産業や経済を発達させてきました。

そして現在も二酸化炭素の大半を、先進諸国が排出していることを考えると途上国側の主張もうなずけます。

地球上にあるCO2の量は炭素換算で約7500億トン、陸上には植物や土壌有機物の形で約2兆2千億トン、さらに海中には大気の約60倍の、二酸化炭素が貯蔵されています。

海水中にある二酸化炭素は、海中の植物類や植物プランクトンによる光合成によって吸収され、魚介類など生物の呼吸によって排出され、海中生物が死亡するとバクテリアにより分解され、その一部は二酸化炭素になるのです。

また死骸は海底に沈殿し長い年月を経て、石油や天然ガスに変化して、陸上においても植物や動物、地中のバクテリアの間でほぼ同様の循環が行われていて、陸地面積の約30%にあたる森林がCO2を吸収しているのです。

二酸化炭素

3.人為的に排出された二酸化炭素量の約半分が大気中に残留している

このような地球規模の二酸化炭素循環機能により、大気中のCO2量は一定に保たれてきました。
多少二酸化炭素が増加しても、自然環境はそれを吸収するだけの柔軟性を持っています。

しかし石油・天然ガス・石炭といった大量の化石燃料を燃やしたことで、そのバランスは崩れてしまいました。
現在人為的に排出された二酸化炭素量の約半分が、自然環境に吸収されず大気中に残留しています。

さらに熱帯雨林などの地球規模での森林破壊により、二酸化炭素と気温の調節機能を弱めてしまいました。
森林は光合成により多量のCO2を吸収するとともに、水分を蒸発させることで気温を下げる働きを持っています。

また森林破壊により土中に存在する有機物の分解が促進され、多量の二酸化炭素が発生することもわかっているのです。
今まで行われてきた森林伐採等によって大気中に放出した炭素の総量は、約3000億トンと推計されています。

森林破壊がCO2削減の障害になっているわけです。

4.エスコシステムズが考える今後人間が取るべき行動について

その他の温室効果ガスには亜酸化窒素・フロンなどがあります。
亜酸化窒素はもともと自然界に存在するもので、有機物の燃焼や窒素肥料から発生するガスです。

一方フロンは人工的に作られた化学物質で、いくつか種類があります。
どのフロンにも共通しているのは無害で燃えにくく化学的に安定しているという点です。

このフロンはオゾン層を破壊することがわかり、1996年から日本を含めた先進諸国でのフロンの生産は全廃されています。

フロンはオゾン層を破壊するだけではなく、温室効果能力も非常に高く同じ濃度における100年間でのフロンの温室効果能力はCO2の、実に1500倍から7000倍もあります。

同様に亜酸化窒素は290倍も温室効果が高くなっているのです。
ほかの温室効果ガスよりCO2がこれほど話題になっている理由は、ほかの温室効果ガスに比べて圧倒的に二酸化炭素の排出量が多く濃度も高くなっているためです。

地球温暖化へ与える影響率でいえば、二酸化炭素が64%、メタンが19%、フロンが10%、亜酸化窒素が6%となっています。
早急にCO2削減を行って、地球温暖化を防いでいかなければなりません。

OGIホールディングス監修!不動産事業の収益モデル

OGIホールディングス

定年退職後の生活には自ら備えておくこと

日本は男女ともに世界有数の平均寿命を誇る長寿社会ですが、せっかく長生きするなら老後を豊かに送りたいものです。
一方で公的な年金は老後の安心とゆとりを得るにはほど遠いのが実情で、定年退職後の生活には自ら備えておくことが大切です。

老後の備えというと貯蓄を思い浮かべる人が多いですが、長引く低金利社会で利息には期待できず、貯蓄の元本を取り崩しては底をつくのが心配で安心して使うこともできません。
そこで老後の備えに適しているのが、高齢で働けなくなっても資産運用の収益が継続的に見込める不動産事業です。

昔から土地持ちといえば資産家の代名詞であるほど不動産は高価な財産の代表格でした。
そのため、不動産事業は限られたお金持ちのものと思ってしまいますが、土地や建物の資産価値を担保に借入をすれば少ない手元資金でも始めることが可能です。

借入金で物件を購入して、返済には毎月の家賃収入を充てていくことで手元資金の支出を抑えながら資産形成、返済がおわれば名実ともに自分の財産となり、以後の家賃収入は不動産を持ち続けている限り安定収入を見込むことができます。

空室リスクがもっとも危険

この時に気を付けておかなければいけないのが空室リスクで、空室で収入がとだえても借入返済や固定資産税などの維持管理費は支払い続ける必要があります。
一般的には都市部などの好立地では空室リスクが低いですが物件自体も効果なので投資利回りは低くなりがち、地方都市などでは物件が安いので高い投資利回りが見込めますが空室リスクも高くなります。

空室時には自己資金で対応する余力があるなら地方都市などの手ごろな物件で高い投資利回りを目指し、空室を避けて安定を求めるなら投資利回りは低くても都市部の物件を狙うと効果的です。

個人で不動産事業を始めると、毎年1月から12月までの1年分を一つの会計期間として、翌年3月15日までに確定申告をして納税します。
その際、賃貸経営の収益は不動産所得、売却した場合の収益は分離課税の譲渡所得といって別々に計算をします。

給料や事業経営、賃貸経営などの所得は総合課税といって、年間の合計所得が多い人ほど高い税率が適用される累進課税になっていますが、不動産や株式などの売却は毎年行うものではなく一時に高額な所得が出るので、たまたま多額の利益が出た時に高額な税金が課されないように、所得の金額ではなく内容によって税率が決まっているのが分離課税です。

所得と資金繰りの違いについて

不動産所得の計算で気を付けなければいけないのが、所得と資金繰りの違いです。
所得=利益ですが、借入返済の元金は経費ではないので、家賃収入全額を返済に充てている場合、元金の返済分は利益として残ることになります。

反対に、資産の減価償却費は購入した翌年以降は支出していなくても経費に計上することができるなど所得金額と資金の流れには多少のずれが起きて、収入をすべて返済に回す納税資金が不足してしまう恐れがあります。
そのため、借入金で投資をする場合は納税額を見込んで資金計画を立てることが求められます。

一方、譲渡所得の場合は、5年以内の短期所有の譲渡益には所得税と住民税合わせて39.63%、5年超の長期所有の場合は20.42%と税負担はおよそ二倍の格差があります。

所有している間は家賃収入を生んでくれても、売却の時に損失が出てしまってはトータルとして投資に成功したとは言えません。
また、建物が古くなると修繕などの維持管理費が高くなったり、家賃が下がる、空室リスクが高まるなどの心配があるので、最終的に物件を売却する出口で戦略が大切、安定した家賃収入を得ていくためには、タイミングを見て物件を買い換えるのが効果的です。

しかし、自分の持っている物件は高く売れて、買い換える物件はお買い得なタイミングというようにすべてが都合よくはいきません。

納税資金で困らないために税金の試算は不可欠

不動産相場が好調な時に買い換えるなら新たな物件を買うときも安くないことを覚悟する必要があります。
買った値段より高く売れて譲渡所得が出る場合、利益に対して税金を支払うと新たな投資資金が目減りして、同じ程度の値段の物件を買うことができなくなってしまいます。

そんな時には、譲渡所得の特例で買い換え特例というものがあり、税金の最大8割を将来に繰り延べることができます。
不動産事業では投資金額自体が大きいために、税金も日常の金銭感覚とはかけ離れて数十万円から数百万円になってしまうこともめずらしくありません。

また、取引のタイミングと納税のタイミングがずれることから、手元に入ってきたお金を使ってしまうと後で納税資金がないと慌てることになってしまいます。

不動産事業を行う場合、上手に税金を節約することと後になって納税資金で困らないために税金の試算は不可欠です。
毎年継続する賃貸経営の不動産所得、売却による一時的な譲渡所得、収益モデルに合わせた計算が大切です。

不動産業者の営業スタッフさんは経験豊富で知識を持っている場合もあるし、税理士などの税務の専門家に相談するのも効果的です。

OGIホールディングスより一部引用)

大学受験事情のあれこれ

大学進学には絶対に欠かすことが出来ない大学受験

日本の大学進学率は右肩上がりに増加して、今や全国の高校生の半数以上が大学に進学する時代がやってきました。

そこでのしかかってくるのが、大学進学には絶対に欠かすことができない大学受験という事ですが、失敗しないためにはどのように大学を選んでいけば良いのでしょうか。

まず、志望の大学を選ぶ際にみなさんは何を基準に考えるでしょうか。

ある人は大学の知名度、またある人は入れる所ならどこでもいいと考えるかもしれませんよね。

もしかしたら、経済的に国立以外は無理という事情を持っている人も中にはいるでしょう。

いずれにしても大切な事は、どんな志望動機であるにしろ、大学は入ってしまったらそれで終わりなのではなく、今後の自分の将来に大きく影響する通過点である事をしっかり認識する事なのではないでしょうか。

例えば知名度がある大学ならばどこでも良いと、片っ端から名の知れている大学のいろいろな学部を受験したとします。

そしてその内のひとつに合格し、晴れて大学生になったとしても、入学後にあまり興味が持てるような学部ではなかったと後悔したという話は枚挙にいとまがありません。

もちろん、ある程度の知名度がある大学ならば就職の際には有利かもしれません。

でも、興味のない学部を卒業し、その学部関連のあまり興味のない職業に就いたとしたら、長い人生の大半をその興味がない事に費やさなければならない事になりますよね。

それから、入れる所ならどこでも良いという理由で選んだ人は、就職活動の際に人一倍苦労をするかもしれないという事を覚えておきましょう。

Fランクと揶揄される大学でも、入学する理由は就職の際の応募条件が「大卒以上」だからという事が言われていますよね。

でも、実際は学校の名前で試験すら受けられないという事は実際に起こっているのです。

「じゃあ一体どうしたらいいの?」という事になりますが、まずはそこそこ偏差値が高いと言われる高校から知名度重視で大学受験をするという人は、ちょっと待ってください。

自分が興味を持てそうな学部に絞り、同じようなランクの異なった大学を受験する

大学の知名度は確かに社会に出てから役に立ちますが、少なくともひとつの大学の異なった学部をいくつも受験するのではなく、自分が興味を持てそうな学部に絞って同じようなランクの異なった大学をいくつか受験することをおススメします。

その理由は、興味の持てそうな学部ならば大学に入ってからの授業にも積極的に参加できる可能性が高いからです。

反対に志望の大学には入れたものの、全く興味が持てない授業なら、次第に足が遠のいて授業に出席しなくなるという事があり勝ちです。

マンモス校ならば特にその傾向が強くなりますよね。

また、入れる所がFランクの大学しかなかったという人も諦めてしまうのは早すぎます。

確かに一般論でいえば就職の際には不利だと言えますが、どんな大学であろうと首席ならば話は別です。

圧倒的に良い成績ならばそれは誰が見てもその人の努力の証である事がはっきりしているからです。

高校まではあまり成績がパッとしなかったという人でも、偏差値がそれほど高くない大学ならばトップを取れる可能性は十分にあります。

そして、経済的に国立以外は無理だという場合ですが、恐らくそういった家庭状況は大学受験直前に知らされるというわけではないので、ある意味場長い準備期間が取れるとポジティブに考えるようにしましょう。

自分が文系に行きたいのか理系に進むべきなのかをハッキリさせる

そしてまずは自分が文系に行きたいのか理系に進むべきなのかをハッキリさせます。

例えば数学や物理が苦手だったら、もう文系だってわかりますよね。

そして文系の人ならセンター試験に出る数学の範囲は決っていますから、数学の基礎を繰り返し勉強すると良いでしょう。

そしてある程度の点数が確保できるようにします。

得意科目に時間を割くやり方を推奨する

その後はむしろそれ以上の点数を望むのではなく、得意科目に時間を割くやり方を推奨します。

同じ時間数勉強するにしても、得点の伸び具合が全然違うので、トータルの点数がモノを言うという場合には、このやり方が1番効率的だと言えるでしょう。

それに二次試験は得意科目で勝負するわけですからそういった意味でも十分に時間をかけたいところですよね。

私は東進MSGという衛生予備校で受験勉強の進め方や志望校にあった勉強方法など担当の講師にアドバイスをもらい効率よく勉強することができました。
参考:東進MSG評判

大学受験は、その動機や家庭の事情がひとりひとり違う

このように大学受験は、その動機や家庭の事情といったものがひとりひとり違います。

でも、共通して言えることは誰もが自分の将来を考えた上で、受験することを決めたという事でしょう。

当然のことながら大学に入り際すれば幸せな人生が約束されているわけではありませんよね。

でも、高校を出てすぐに働き始める人に比べて数年間、まだ自分の人生の方向を考える時間の猶予が貰える事には間違いありません。

4年間という時間は、勉強以外でもさまざまな体験をするには決して短すぎる時間ではないはずです。

そして大学で学んだ事が社会に出て数年、或いは数十年後に役に立ったということだって案外ある事なのです。

そう考えれば辛い大学受験の勉強の中にも、明るい希望を見いだすことができるのではないでしょうか。