給湯器取替えのメリット

お風呂に入るのにも欠かせない給湯器。

ガスと電気の2種類にエネルギーとしては分けられますが、さらにもう2種類あることをご存知でしょうか?

その2種類とは、追い炊きタイプと沸かしたお湯をためておくタイプです。

どの地域に住むかによって、また、どの程度のお湯を1日に使うかでどのタイプがお得かがかわってくるのです。

まず、電気式給湯器とガス式給湯器のどちらがよりお得なのかという点ですが、地域のガス、電気料金によって変わってしまいます。

また、電力の場合には契約内容によっても変わってくるのです。

私の家で見てみると、給湯器は電気式で沸かしたお湯をためておくタイプのものです。

私の家では深夜帯の電力を割安にするない内容で電力契約を結んでいるため、給湯器を深夜に動かすようにすることで月々の電気代を抑えるようにしています。

しかし、私の家には給湯器が2台あるためにこの努力を行っても月々の電気代は2万3千円程度と大変痛い出費になっています。

ではこれを追い炊きタイプに換えるとどうでしょうか。

追い炊きタイプでは使うタイミングでその都度沸かすことになるので、電力を消費する時間は深夜ではなくなってしまうので大体今の金額の1.5倍から最大で3倍に膨れ上がってしまう計算になります。

月々の電気代が6万となってしまうともはや生活が成り立ちません。

参考:給湯器 価格

では、ガスによる給湯器ではどうでしょうか。

そもそも今の家が暖房器具をのぞいてオール電化の家なのでガス式にするとなると新たにガス管を敷く必要があります。

そうなるとガスはガスで月々の基本料金がかかるために追い炊きタイプでも沸かしたお湯をためておくタイプでも電気式よりも高くなってしまうのです。

しかし、あくまでも私の家の例なので、お湯をほとんど使わない家ではかえって追い炊きタイプのほうが月々の料金が安くなることも多いので、自分がどの程度の分量お湯を使うのか、また、今の電力使用量や電力の契約プランをよく確認してから交換などを考えることをお勧めします。