お金を借りる際の審査

お金を借りると聞くと即座に「借金」という言葉を連想するかもしれません。
ですが世の中には実はお金を借りるサービスはとても多いのです。
現金を借りる事になるキャッシングだけではなく、ローンやクレジットカードでのショッピングもまた、厳密に言えばお金を借りるという事なのです。

これらのサービスを利用する時には、まずは審査を受けなければなりません。
審査で何を見られるのかと言えば、業者側が「この人にお金を貸しても大丈夫なのかどうか」という点を判断する事になるのです。
信用出来る人なのかどうか。

その点を判断する事になります。
そのため、収入や労働先といった経済力全般に関してチェックされる事になるのです。
お金を借りるという事は、言い換えればお金を貸す業者がいるからでもあります。

お金を貸す側は、貸したお金が戻ってこなければ利益にならないだけではなく、損失計上する事になってしまいますので、リスクが伴っているという事でもあるのです。

そのため、リスクのある相手なのか、あるいは信用しても良い相手なのかを審査する事になるのです。
お金を借りる側からすると、すぐにでも貸して欲しいと思うものですが、貸す側にも貸す側の事情がありますので、時間がかかるケースもあるのです。

また、審査の基準は業者によって異なるものです。
とある業者では断られたものの、違う業者ではお金を借りる事が出来たというケースは決して珍しくありません。
審査基準が異なりますので、お金 借りる事が出来るのかどうかは実際に審査を申し込んでみない限りは解らないとも言えます。

一般的には、金利が低いほど審査が厳しくなると言われています。
金利が低いという事はお金を貸す側の利益が低いという事ですが、審査が厳しいですから、回収出来ないリスクが低くなります。
回収出来ない可能性が低いですから、金利を低くしてもそれなりの利益を確保する事が出来るのです。
この点もまた、お金を借りる時には知っておくべきです。

お金を借りる事が出来ない人もいる

お金を借りる事は決して珍しいものではありません。
日常生活の中でお金を借りるシチューションはとても多いです。
システム的な面で言えば、お金を借りているという自覚はないかもしれませんが、クレジットカードでのショッピングもまた、お金を借りるという事です。

ここまで含めると、お金を借りる事が決して珍しい事ではないという事も解るかと思うのですが、絶対にお金を借りる事が出来ない人もいます。

それはどのような人なのかと言えば、いわゆるブラックリストに掲載されてしまっている人です。
ブラックリストに掲載されているという事は、過去に金融事故を起こしてしまった経験がある人です。

金融事故には人それぞれいろいろな事情があるとは思いますが、お金を貸した側からすると「当初結んだ契約をしっかりと遵守する事が出来なかった人」という事になりますので、お金を貸したいと思わなくなるのも解らない話ではありません。
むしろ貸金というビジネスは、お金を貸して返済してもらわなければ利益にならないのです。

利息こそが利益なのですが、返済してもらえないとなると利益を生まないだけではなく、損失計上となってしまう事になるのです。
ですので、ブラックリストに掲載されている場合、どれだけ素晴らしいステータスを持っていたとしても、お金を借りる事が出来なくなってしまうのです。

そもそもブラックリストは公的なものではなく、業界の自衛の一つになりますので、掲載されたくないのであれば、金融事故を起こさないよう、借りたお金を返す。
これをしっかりと遵守する事が求められるのです。
軽い気持ちでブラックリストに掲載されると大変な事になるのです。

普通に生きているとたまにはお金が急に必要になることもありますし、その時に手元にお金がないこともあります。
そういった時に、お金を借りることができたら嬉しいですよね。
お金を借りる=悪いというわけではありませんからね。計画性は持ってくださいね。

主婦のキャッシングで気を付けること

自分のほしい買い物がある、パチンコでお金を使いすぎてしまった、いろんな理由があると思いますが、キャッシングを旦那さんに隠れて行いたいという主婦の方は結構いるのではないでしょうか。

もちろん主婦であったとしても立派な成人ですから自分の判断で主婦 キャッシングをすることはできますが、中には金融機関からこんなことを言われてしまうことがあります。
それは何かというと、「旦那さんの名義で契約すれば、もっと金額かせるんだけどな」ということです。
つまり、ハンコを勝手に使用して、奥さんに旦那さんの名前でお金を借りるように言っているということなんですね。
なんでこんなことを言うのかというと、仕事をしていない主婦よりも、仕事をしている旦那さんのほうが収入も保証されていますし、回収がしやすいからなのです。
ですから、旦那さんの知らない間に借金を背負わせる形で、多くのお金を貸し出そうとしているんですね。
しかし、こんなことを言われたとしても、絶対にその甘い言葉に乗ってはいけません。

それはなぜかというと、他人の名義を装って勝手に借金をはじめとした契約を結ぶことは立派な法律違反だからです。
旦那の名義で契約しちゃえば、もし自分が返せなくなったとしても最終的には旦那に全部押し付けちゃえばいいや、と思うかもしれませんが、それは大間違い。
もし自分が勝手に旦那名義の契約を偽造したということが発覚すれば、大きな制裁を受けることはもちろん、借金も自分で責任をもって返さなければなりません。
それだけではなく、こうした犯罪行為は立派な離婚事由にも該当しています。
お互いの信頼関係で成り立つ夫婦関係なのに、このような犯罪行為を行う人との婚姻はこれ以上継続できない、ということなんですね。
このようなこともありますから、絶対に名義を勝手に使うようなことはしてはいけません。
どうしてもお金がほしいときは、理由も明らかにして旦那さんにきちんと相談しましょう。

 

おすすめ情報
アンケートモニターバイトで稼ぐ